東京ロボティクスは、ロボットの適用分野を拡大し、より効率的な社会を実現します。

近年、ロボットが活躍するフィールドがますます拡大しつつあります。工場のオートメーションは既に歴史が長いですが、倉庫や農場、オフィス、家庭に至るまで、ロボットが活躍する場が徐々に我々の生活空間に近づいています。我々の使命は、それをさらに加速させることで、効率的な社会を実現することです。そして究極的には、単純労働や危険作業をロボットに任せることで、人間が頭と心を使う仕事に専念できる世界を目指します。

我々は、未知のニーズとシーズを発掘・創出することで、ロボット技術を用いた新しいアプリケーションを提案します。革新的なアイデアは人や社会との繋がりから生まれます。東京は、たくさんの潜在顧客(人と企業)、最先端の研究を行う大学や研究所、高い技術を持つ町工場が集積し、世界中を見渡しても最も環境が整った地域の一つと言えます。それが、我々が東京を拠点にする理由であり、社名の由来にもなっています。最先端ロボット技術で東京から日本を元気にします。

ニュース

自社製品・サービス

Torobo Eye

Torobo Eye

3次元カメラ SL40

SL40はロボットの手先に取り付けることを目指した小型・軽量の3次元カメラです。

研究プラットフォーム

2019年12月をもって、本事業は終了いたしました。
なお、既にご購入いただいたお客様への故障対応やサポートは継続いたしますので、ご安心下さい。

Torobo Arm

Torobo Arm(トロボアーム)

Torobo Armは、ロボット研究を加速するために生まれたロボットアームです。全関節トルクセンサ装備、ソースコード(ユーザインタフェース、サーボコントローラ)の提供、各種シミュレータとの連携などの特徴があります。

Torobo Arm Mini(トロボアームミニ)

Torobo Arm Miniは小型の協働ロボットです。その特徴として、安全性(接触停止)、利便性(小型、軽量、DC24V駆動、直接教示機能)、巧みさ(力制御、インピーダンス制御)を兼ね備えています。

Torobo

Torobo(トロボ)

Toroboは、ロボット研究を加速するために生まれた人型ロボットです。6軸の双腕アーム、2軸の腰関節、2軸の首関節からなり、全軸トルクセンサ装備、関節トルク制御可能という特徴があります。ソースコードも提供されます。

その他

実証実験(PoC)

自律ロボットを用いた新しい自動化アプリケーションの実現可能性調査を承ります。

試作開発:Precise Omni

Precise Omni はこれまでにない高精度全方位移動ロボットです。全方位駆動ギアと歯車状床面との噛み合いにより、スリップせずに高速・高精度の全方位移動が可能です。

動画

7軸力制御協働ロボットアーム試作機

ヤマハ発動機様と東京ロボティクスが共同開発した、7軸力制御協働ロボットアームの試作機です。手先にあたかもバネがあるかのような制御を実現しています。

遠隔人型ロボットのバイラテラル制御デモ

ネットワークを介したバイラテラル制御によって、人型ロボットを遠隔地から力制御・位置制御するデモです。NTTコミュニケーションズ様との共同開発の成果となります。

触覚センサアレイを用いた物体の変形・滑り検知

指先のセンサアレイに多層パーセプトロンを適用して、柔らかい物体を潰さずに、かつ重たくて滑る物体を落とさずに把持しています。

高速唐揚げピッキング

深層学習を用いた不定形物ピッキングのデモです。3次元カメラ「Torobo Eye SL40」を用いて、唐揚げ一つあたりのピック&プレイスを最速2.2秒で実現しています。

Toroboによる生地の折りたたみ

生地の折りたたみのデモです。画像処理を用いて折り幅を調整しています。JUKI株式会社様からの委託により実施しました。

Toroboの研究活用事例 #2

人間のように道具を使う知能ロボットにToroboが活用されています。詳細は動画の説明欄を御覧ください。動画の著作権は中京大学橋本研究室に属します。

2点間位置制御時の倣い動作

定形動作におけるアクティブコンプライアンスのデモです。2点間の移動(位置制御)と外力への倣い動作を両立させています。

能動柔軟性を用いた衝撃力緩和デモ

能動柔軟性(アドミッタンス制御)を用いて、衝突時の衝撃力を和らげています。こうした機能により、協働ロボットをより安全にすることができます。

Torobo Armを用いた衝突停止デモ

トロボアームのトルクセンサを用いた衝突検知のデモです。モータ駆動によるトルク変化と外力によるトルク変化を切り分けて衝突を判定しています。

Toroboと人間のインタラクション

トルクセンサを活用し、身体を介した意思の相互作用(押し合いへし合い)を実現しています。動画の著作権は沖縄科学技術大学院大学認知脳ロボティクス研究ユニットに属します。

iREX2017でのデモ②

ディープラーニングを用いて野菜をピッキングするデモです。Torobo Arm Miniを用いています。

Torobo Arm:直接教示&プレイバック

直接教示によって動作(軌道)を記録し、それをプレイバックするデモです。軌道を滑らかに再現できていることが分かります。

Torobo Arm:重量物を持った状態の外力追従

重量物を持った状態で重力補償をかけ、外力追従させた時の様子です。重量物を持ちながらも柔らかく追従できていることが分かります。

Torobo Arm 能動柔軟性デモ

Torobo Armで実現した能動柔軟性のデモです。外力追従や関節インピーダンス制御、作業中の接触停止を実現しています。


メンバー

非常勤/社外協力者

顧問

新メンバー募集

緊急募集

随時募集